作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ワイヤークラフト、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

「むかえが来たので帰ります」 エイリアンのワイヤーオートマタ

「むかえが来たので帰ります」

とUFOの下で手を振るエイリアンのワイヤーオートマタ。

 

f:id:automataworks:20171208215245g:plain

 

もうちょっとUFOが上下すると良かったですね。

腕のところで動きが殺されてしまいました。残念。

というか下の動力の方がエイリアンっぽい動きしてるという…。

 

ちなみに前々回記事の「スキーおじさん」を作ってみて、手の動かし方を使ってみたくなり作成しました。

さっそく本が役に立った!

automataworks.hatenablog.com

 

というわけで、作り方↓

 

 

 

 

使うもの

 

 

0.9mmステン針金

0.7mmスチール針金

9cm×3cm×1.5cm木材

ビーズ

接着剤

 

ニッパー

ペンチ(丸と角)

メジャー

f:id:automataworks:20171208203710p:plain

 

 

作り方

 

動力&支え 

 

f:id:automataworks:20171208205142p:plain

0.9ステンに凸部分を作り(凸の大きさは適当です)、

その上に0.7スチールを2段巻きつけます。

 

 

土台

 

f:id:automataworks:20171208205215p:plain

0.9ステンを高さ10cm、幅9cmになるように曲げ、木材に接着します。

 

 

土台と動力&支えを固定

f:id:automataworks:20171208205257p:plain

0.7スチールを巻いて作った固定具を3つ用意。

 

f:id:automataworks:20171208205326p:plain

動力と…

f:id:automataworks:20171208205356p:plain

支えを固定します。

 

f:id:automataworks:20171208205429p:plain

そして高さ約2cm、幅9cmに曲げた0.7スチールを4本用意。

 

f:id:automataworks:20171208205501p:plain

支えを2箇所、前後から固定します。

取手を曲げたら仕組み部分は完成。

 

 

エイリアン&UFOを作る

 

f:id:automataworks:20171208205729p:plain

どちらも0.7スチールで。

UFOは曲げるだけなので割愛。

 

f:id:automataworks:20171208205757p:plain

エイリアンはまず左腕以外を作り、

f:id:automataworks:20171208205819p:plain

そのあと左腕を巻きつけます。

このとき肩から、引っ掛かりの分を少し出して丸めておきます。

 

 

仕組みとエイリアン&UFOを接着する

 

f:id:automataworks:20171208205850p:plain

まず両足、右手を仕組みの枠部分に接着。

 

その後、左肩に作った引っかかりに、支えをくるっと1周だけ巻きつけ接着。

(動力の凸部分が上向きの時に手は下がり、凸が下向きの時に手が挙がるよう接着します)

支えとUFOも繋げます。

 

 

完成

 

f:id:automataworks:20171208215430p:plain

 

位置を微調整して完成です。

 

 

難易度

 

★★★☆☆(ふつう)

左手の可動域を凸部分の大きさを合わせるために、肩の引っ掛かりはもう少し長く出したほうが良かったかもしれません。そうすればUFOがちゃんと上下します。

作ってみて物足りなかった場合は、エイリアンの姿勢や支え部分の曲げ方の微調整で多少は改善します。

 

他はごくフツーな上下の動きのワイヤーオートマタです。

f:id:automataworks:20171208230455p:plain

 

 

補足

 

0.9ステンの針金は折り曲げづらい反面、固く頑丈なので、力のかかる動力部分と土台に使用しています。

それ以外の場所は曲げやすさ作りやすさを考慮してスチール針金です。