作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

からくりオートマタ 推進滑走スキー

 

スキーで滑っているワイヤーオートマタ。

 

f:id:automataworks:20180106152628g:plain

 

ちなみに推進滑走とは、両足を揃えストックで地面を押して進むクロスカントリースキーの走法です。

 

 

使うもの

 

0.9mmステン針金

0.9mmスチール針金

0.7mmスチール針金

9cm×3cm×1.5cm木材

ビーズ

接着剤

 

ニッパー

ペンチ(丸と角)

メジャー

 

 

作り方

f:id:automataworks:20180106152642p:plain

人間

 

f:id:automataworks:20180106152629p:plain

0.7スチールを使い、頭からスタート。

肩の引っ掛けと腕を通す穴を作り留めます。

 

f:id:automataworks:20180106152630p:plain

そこから足を通す穴を作り、肩の引っ掛けで留めて後ろに回します。

 

f:id:automataworks:20180106152631p:plain

背中を作り、留めたら胴体完成。

 

f:id:automataworks:20180106152632p:plain

穴に1本長めな0.7スチールを通し、足と板を作ります。

 

f:id:automataworks:20180106152633p:plain

同じように1本で腕とストックを作ります。

後で支えを通すのでストックの持ち手部分は穴を作っておきましょう。

これで人間は完成。

 

 

動力&支え

 

f:id:automataworks:20180106152634p:plain

0.9ステンで凸のある動力を作り、0.9スチールの支えを巻き付けます。

(0.9スチールを使うのはここだけなので注意)

 

 

土台

 

f:id:automataworks:20180106152635p:plain

木材に0.9ステンの枠を接着します。

 

 

土台に動力&支えを固定

 

f:id:automataworks:20171223043502p:plain

f:id:automataworks:20180106152636p:plain

0.7スチールで留め具を作り、動力&支えを固定。

ビーズを入れて取手も作ります。

これで仕組みも完成。

 

 

仕組みと人間を固定 

 

f:id:automataworks:20180106152637p:plainf:id:automataworks:20180106152638p:plain

繋ぎやすいように0.7スチールの筒を付け、支えと人間を接着します。

 

f:id:automataworks:20180106152639p:plainf:id:automataworks:20180106152640p:plain

土台に0.7スチールの筒を付け、同じく0.7スチールの支えを通し奥側のスキー板と繋ぎます。

支えは板とも筒とも接着せず、通すだけ。

 

f:id:automataworks:20180106152641p:plain

0.7スチールで奥側の腕と土台の枠を繋げます。

こちらも接着しません。

 

 

完成

 

f:id:automataworks:20180106152642p:plain

支えの角度、長さを調節したら完成。

 

 

難易度

★★★☆☆(ふつう)

板と腕の支えを緩やかに曲げると動きが少し大きくなります。

腕部分の支えは長さを合わせづらく、合わないとうまく動かないのでそこだけ注意。

 

 

補足

 

0.9ステンの針金は折り曲げづらい反面、固く頑丈なので、力のかかる動力と土台の枠部分に使用しています。

それ以外の場所は曲げやすさ作りやすさを考慮して0.7スチール、動力の支えのみ0.9スチール針金です。

メジャーは土台枠の長さを測ったりするのに使用しています。