作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ワイヤークラフト、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

針金で作る振り子のおもちゃ

 

 下で魚が泳いで上では鳥が飛ぶ。

そんな振り子のおもちゃを作りました。

 

f:id:automataworks:20180127223024g:plain

 

片方を弾いたり揺らしたりすると動きます。

ずっと動いているように見えるからGifはちょっと卑怯かもしれない…。

最初はモビールを作ろうと思って、振り子と反対側にも重りをつけていたのですが、何がしたくて動いているのかよくわからなくなってしまったので変更、振り子のみでの制作になりました。

そっちのほうがシンプルでいいですね。

 

 

使うもの

 

 

0.9mmステン針金

0.7mmスチール針金

9cm×3cm×1.5cm木材

ビーズ

接着剤

 

ニッパー

ペンチ(丸と角)

 

 

作り方

 

f:id:automataworks:20180127223719p:plain

0.7スチールで魚を作り、そのままビーズの重りを通します。

後で上に鳥も作る必要があるので長めに残しておきましょう。

 

f:id:automataworks:20180127223718p:plain

別の0.7スチールで支えのための筒を作ります。

筒は0.9ステンに巻きつけて作ると、実際動かす時にブレなくてちょうどいい大きさになります。

 

f:id:automataworks:20180127223720p:plain

先程作った筒に振り子を通します。

画像のイラスト(白が振り子、オレンジが支え)のように通して曲げると横にズレません。

 

f:id:automataworks:20180127223721p:plain

上に鳥を作りビーズを通します。

下の魚より大きく重くなると、ひっくり返ってしまう恐れがあるので少し短めに作りましょう。

 

f:id:automataworks:20180127223722p:plain

木材に0.9ステンの支えを接着し土台を作ります。

 

f:id:automataworks:20180127223723p:plain

 支え同士を接着。

 

完成

 

 

f:id:automataworks:20180127223724p:plain

完成です。

どちらかを指で弾いたり、土台を揺らしたりすると振り子が揺れて両方が動きます。

 

 

難易度 

 ★★☆☆☆(やさしい)

工程も少なく作りやすいです。

筒の部分がユルくなりすぎないようにだけ注意。

 

上を船にしてみたり、上下はお好みで別のものに変えてみたりしても面白いですね。

 

ワイヤー工具 丸やっとこ 平やっとこ 全8種【ペンチ/工具/金具/UVレジン液/ピン曲げ/曲爪/ピンセット/ハンドメイド/ビーズ/パーツ/資材】

価格:298円
(2018/1/27 23:54時点)
感想(43件)