作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ワイヤークラフト、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

スピードが違う2つの上下の仕組み その2

前回の仕組み編

スピードが違う2つの上下の仕組み その1 - 作れぬならば

に引き続き、今回は完成まで。

 

f:id:automataworks:20180413184747g:plain

 

箱に入った猫を見つけるオートマタ。

例のごとく、データ通信の都合上GIFが途切れてしまっていますが、ゆっくり箱を開けてゆっくり閉める動きのループです。

 

以下が工程。

f:id:automataworks:20180412200331j:plainf:id:automataworks:20180412200419j:plain

まず猫と人作っておき、 

f:id:automataworks:20180412200513j:plain

箱を通した後、箱と手、1/1で上がる支えと猫のお尻あたりを針金の筒で固定します。

 

f:id:automataworks:20180412200618j:plain

さらに1/16で上がる支えを上蓋と接着。

 

f:id:automataworks:20180412200746j:plain

上蓋と手、足と仕組みをそれぞれ針金の筒で固定したら完成です。 

 

f:id:automataworks:20180412201417j:plain