作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

ピアノを弾くオートマタ

ちょうど最近キーボードを購入したこともあり、ピアノ(キーボード)を弾くオートマタを作りました。

 

f:id:automataworks:20200607091746g:plain

鍵盤を叩きながら首でリズムをとっています。

手が横移動していないので、打楽器感がありますね。



f:id:automataworks:20200607082655j:image
今回も100均木材を100均クラフトナイフで削り作成。

f:id:automataworks:20200607082744j:plain

前回の顔がのっぺりしてしまった反省を活かし、今回は目や口は書きませんでした。

おかげで陰影がいい感じになっています。

f:id:automataworks:20200607082731j:plain

↑なぜか画像が乱れてしまいましたが、後頭部もきれいに削れ、顔は非常によくできたと思いますね。

首の後ろはワイヤーで仕組みと繋げています。

 


f:id:automataworks:20200607082713j:image

仕組みはこんな感じ。非常に簡素です。

 

 

――使用した材料、道具――

・木材

・0.7mmスチール針金

・竹ひご

・アクリル絵の具

・木工用ニス

・瞬間接着剤

・工作用ナイフ

・小型のこぎり 

・サンドペーパー

・ドライバー、棒状やすり(どちらもドリルの代わり)

 

すべて100均です。

 

ブログタイトル下のグローバルナビ(PCのみ)にも詳細が載せてあるのでぜひそちらもご覧いただけばと思います。

ではまた。

 

 

 

頭からエイリアンが顔を出すオートマタ

1年半ぶりの更新ですね。

すごく特殊ですごくひょんな理由からオートマタ制作の意欲が再燃しかけておりまして、せっかくなので人様に見てもらおうということでブログに公開したいと思います。

 

f:id:automataworks:20200517214021g:plain

 

頭の中にエイリアンが潜んでいるオートマタ。

手で確認しようとするも、エイリアンはすぐに隠れてしまいます。

 

仕組みはお決まりのこれ。

f:id:automataworks:20200517220606j:plainf:id:automataworks:20200517220831j:plain

らせん針金×歯車で回転数を抑え、ゆっくり持ち上がるようにしてあります。

 

エイリアンと人間は、100均の木材を彫刻刀とクラフトナイフで削って作りました。

f:id:automataworks:20200517221404j:plain

 

色を塗る前は、くっきり堀の深い顔のイメージだったのですが、色を塗ったとたんのっぺり感が出てしまいました。やはり色塗りは苦手ですねえ。

 

f:id:automataworks:20200517221105j:plain

 

というわけで久々の更新とオートマタの紹介でした。

ブログタイトル下のグローバルナビ(出てないかも)にも詳細が載せてあるのでぜひそちらもご覧いただけばと思います。

 

ではまた!!