作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ワイヤークラフト、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

自転車で自家発電するオートマタ

 

自転車を漕いでプロペラを回す自家発電のワイヤーオートマタを作りました。

 

f:id:automataworks:20180120134740g:plain

 

プロペラ回転は最近紹介した『ゆっくり動く仕組み』を使っています。

そのときよりも回転速度が上がるように歯車の数を少し減らしていますが、それでもかなりゆっくり回転ですね。必死で漕いでいるのに…。

ただ、今までのものよりストーリー性があるので回してて楽しいです。

 

 

使うもの

 

0.9mmステン針金

0.9mmスチール針金

0.7mmスチール針金

9cm×3cm×1.5cm木材

ビーズ

接着剤

 

ニッパー

ペンチ(丸と角)

メジャー

細い筒

 

 

作り方

f:id:automataworks:20180120030030p:plain

完成図

パーツ

 初めに動力歯車人間を作ります。

 

動力 

 

f:id:automataworks:20180120030018p:plain

0.7スチールを細い筒に巻きつけ螺旋状にし、0.9ステンに接着します。

 

f:id:automataworks:20180120030019p:plain

凸を2つ作ります。

 

f:id:automataworks:20180120030020p:plain

0.7スチールを使い凸中心に車輪を接着し、足の膝下になる部分を巻き付けます。

これで動力は完成。

 

歯車

 

f:id:automataworks:20180120030016p:plain

0.7スチールで歯が12個ある歯車を作ります。

細い丸ペンチで直線の針金に歯をつけていき、最後に円にすると作りやすいです。

 

f:id:automataworks:20180120030017p:plain

歯車中心部から0.9スチールを通し接着。

下部に押さえのための筒を通します。

歯車も完成です。

 

人間

 

f:id:automataworks:20180120030021p:plain

0.7スチールで、足の付け根に接続用の筒を付けた上半身を作ります。

 

f:id:automataworks:20180120030022p:plain

筒に腿部分を通したら人間も完成。

 

 

土台と固定

動力歯車人間をそれぞれ固定していきます。

 

動力を固定

 

f:id:automataworks:20180116175108p:plain

0.9ステン0.7スチールの筒を接着したものを2つ用意。

 

f:id:automataworks:20180120030023p:plain

動力を固定し取手を作ります。

 

歯車を固定

 

f:id:automataworks:20180120030024p:plain

螺旋部分と噛み合う位置で、歯車の押さえを土台に接着。

 

f:id:automataworks:20180120030025p:plain

さらに0.9スチールの枠で上も固定します。

 

人間を固定

 

f:id:automataworks:20180120030026p:plain

動力につけた膝下と腿の筒を固定します。

 

f:id:automataworks:20180120030027p:plain

0.9スチールの枠で前方を支えます。

 

 

プロペラを接着

 

f:id:automataworks:20180120030028p:plainf:id:automataworks:20180120030029p:plain

歯車の上部と、動力の端にもおまけでプロペラを接着します。 

 

 

完成

 

f:id:automataworks:20180120030030p:plain

高さや位置を整えたら完成です。

 

 

難易度

★★★★☆(むずかしい)

それぞれのパーツ作りや歯車の噛み合わせを整えるのが少し大変です。

しかし作ってしまえば接着するだけなのであまり時間はかからずに作れます。

 

 

ゆっくり回転する仕組みだけのバージョンはこちら↓

automataworks.hatenablog.com

 

 

補足 

 

0.9ステンの針金は折り曲げづらい反面、固く頑丈なので、力のかかる部分に使用しています。

それ以外の場所は曲げやすさ作りやすさを考慮して0.7スチール、支えの枠は0.9スチール針金です。

メジャーは土台枠の長さを測ったりするのに使用しています。

 

「こんなブログもあります」に1ヶ月近く掲載されて

 

今回、このブログではほぼ初めての工作とは全く関係ない記事です。

 

はてなブログ」には「こんなブログもあります」というユーザー紹介コーナーみたいなものがあり、おそらく何らかの条件を満たしたブログがランダムで更新順に掲載されています。

そこそこ目に付きやすい位置に掲載されるので多少のアクセスアップが見込め、載ったらラッキーみたいなコーナーですね。

当ブログも1ヶ月近くそこに掲載されていたので、載ってみての感想を書きたいと思います。

 

f:id:automataworks:20171220094519p:plain

 

 

 

 

掲載される方法

 

詳細は不明ですが、更新頻度の高いブログをランダムで選出しているような印象を受けました。

当ブログも掲載されるまでは1日1記事のペースで更新していましたし、他も同じくらいの更新頻度だったように思います。

ただ、自分が見た中では1回だけ、数ヶ月に1度更新のブログもありましたね。

そういうブログは更新頻度の問題で、仮に載っていても見かける機会が少ないのかもしれません。

 

掲載期間

 

当ブログは2017年11月17開設です。

11月28日から更新をスタートし、12月20日頃の更新から載り始めました。

スタートから12月30日までは毎日更新、それ以降はたまに休むくらいの更新頻度で続け、毎回載っていましたが2018年1月16日の更新から載らなくなりました。

なので約1ヶ月分くらいですね。

 

アクセス数の変化

 

掲載されると1日に20~40pvくらいは増えていたような印象。

誤差の範囲レベルの微増ですが、開設間もない当ブログにとっては嬉しい増加でした。

読者登録数の増加はかなり顕著に現れて、掲載されてから今まででおそらく100人近く(笑)増えたと思います。

その中には興味を持って見に来てくれるありがたい方も多く、感謝しています……まあ、85%くらいはあまり意味のない増加のような気もしてますね。

基本的にこのアカウントでコミュニケーションを取ることは少ないので、登録するなり消すなりは好きにしてください。興味があれば見てください。

 

 載った弊害

 

圧倒的にメリットの方が多いですが、結構小さいことでも腹が立ってしまう性格ゆえの弊害もありました。

 

宣伝コメント

 

「目に付く位置に載ったブログ」ということもあり、宣伝コメントを残していくユーザーがいくつかありました。

「新しいブログを開設したので来てください!URL~~」 

みたいな。

基本的に承認する前に消してますので。見てもいませんので。

もちろんありがたいコメントも多かったのですが、コミュ障ゆえ精神消耗が激しくコメント欄自体も消しました。

 

コピペブログの連続更新

 

「こんなブログもあります」は更新順に上に5件表示され、それ以下は「もっと見る」ボタンを押さないと表示されないシステムなので最初の5件のスペースって結構ありがたい位置なんですね。

 

f:id:automataworks:20180118154404p:plain

しかし、当ブログと同じ時期に『飲食店の口コミ情報をコピペしただけの記事を1日に何度も更新するブログ』も掲載されてしまい、毎回すぐ掲載順位が落とされるのでイラついてしまいました。

ちなみにイラついたときは「パ行」の言葉を発すると良いですね。

「プぅー!」とか。力が抜けます。

まあ別にブログなんて各々の自由なんでしょうがないのですが、ああいうスパムっぽいのは排除して載せてくれたら嬉しいなあ…なんて。

 

 今日も載るのかな?という期待と不安

 

多少ありましたね。

投稿してから掲載まで間があったりすると「もう終わったか…」なんて落ち込んでしまったりします。載ったのは嬉しかったので。

 

まとめ

 

「こんなブログもあります」に載るには、開設間もなく更新頻度が一定数あるブログが条件で、その中からランダムで選出されるんじゃないのか(例外も有るので詳細な条件は不明)、ということ。

載るとpvは微増で読者は結構増える、メリットは多いけどたまにイラつく、というところでまとめたいと思います。

 

ついでに

 

当ブログは普段、ひたすらにワイヤー工作作品の作り方などを紹介しているブログです。

主にワイヤーオートマタというからくりで動く針金おもちゃを作っているのでもし興味があれば見て、作ってみてください。面白いですよー。

 

 

さらに小型化インドのマリ このくらいが限界かも

 

前々回の作り方、前回の小型化にに続き、またまたインドの毬記事。

ちなみにインドの毬とは、いろんな形に変形する針金のおもちゃで『Flexi-Sphere』『Wire Mandara』とも呼ばれています。

どの呼び方も非常にかっこよくて好きです。

 

今回は「こんなに小さく作れたぞー!」というアピール記事なので、作り方をお探しの方はこちらから↓お願いします。

automataworks.hatenablog.com

 

 

というわけで、前回よりもさらに小さく作ってみました。

 

f:id:automataworks:20180117132758p:plain

大きさの参考としてボールペン(直径14cm)も一緒に。

手で持っているのが今回作ったものです。

f:id:automataworks:20180117132759p:plainf:id:automataworks:20180117132800p:plain

0.9mmスチール針金での作成。

円部分の針金の長さは10cm、花びら4.5cmの1周7枚で作っています。

花びら4.5cmは少し長いかなーとも思いましたが、前回の反省を活かしてフックの形をはっきりと作ったところちょうどいい大きさになりました。

 

f:id:automataworks:20180117132801p:plain

手のひらにすっぽり収まるサイズ。かなり小さいです。

 

f:id:automataworks:20180117132802p:plain

マトリョーシカみたいにそれぞれ入れることもできますよー。

 

 

……と、ここまでは良さそうな写真を載せてきましたが、実は問題も結構あり。

小ささゆえ、掴みづらさ広げづらさ、何より歪みが出てきてしまいます。

0.9mmで作るとなるとこのくらいの大きさで限界みたいですね。

f:id:automataworks:20180117132803p:plain

どうしても花びらの重なっている部分が歪んでしまう。 

 

f:id:automataworks:20180117132804p:plain

花びらを外側に開くのも結構たいへん。

右側の前回作品と比べてもわかる通り、太鼓の形をうまく維持できません。

 

あとは小さくなるにつれ1mmの誤差でもはっきり形に出てくるので、アバウト計測してしまう癖がある私にはだんだん厳しくなってきますね…。

 

 

変形させるよりも純粋に置物として、丸か惑星の形で置いておくのが良さそうです。

やはり前回の15cmの針金で円を作ったくらいの大きさが良いですね。

 

automataworks.hatenablog.com

 

 前回の記事はこちら。ちょうどいいコンパクトさです。

 

 

小型化だけでなく、他にもいろいろ応用工作ができそうなインドの毬。

もうこのネタで3回も記事を書いてますが(別のブログを入れると8回くらい)、気分によってはもう少し続くかもしれません。

面白いのでおすすめですよー。