作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。最近は楽曲制作をやってみています。

ラップの曲を作った

(※7/10 記事を編集していたら、過去の記事が最新記事としてグループ内に上がってきてしまいました。すいません。)

 

前回に引き続き楽曲ネタ。

工作系の紹介をしなくなって久しい当ブログですが、今回も思い立って楽曲制作をしてみたので公開したいと思います。

 

 

mako/僕は君と出会って 

 

 

僕は君と出会って 詞・曲:mako

 

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

 

思い出を作ろう

あたり静まる頃

僕らは眠らないフクロウ

忘れたい不都合ばかり

嫌な病も窓から見る打ち上げ花火

今はまだ良い 消えた後に

帰り道一人の物語

 

いつまでもそこにいたいのに

時間がそれを許さないよ

 

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

 

明るい未来 まだ青二

聞こえてほしい独り言みたい

誰かのエゴの 田舎のメトロ

低い建物 見下ろすレトロタワー

 

君の声届かない夜に

消える言葉もう戻らないよ

 

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

 

楽曲

今回は特に目的もなく作り始めました。

最初はハードコアパンクを作ってみようと思ったのですが、途中で興味がなくなり、シティポップも思うように作れず、最終的にラップが一番作りやすいんじゃないかということで作成。

キーCでコードはどこかで見つけたFM7-E7-Am7-C7という進行を丸ごとループしたものです。

 

 「大人になって先のことも考えるようになったよ」というサビと、昔の思い出のようなAメロラップパートと女々しいBメロで出来ました。

1番のラップパートはdodoというラッパーをイメージして「俺らはしない〇〇」「まるで〇〇」みたいな雰囲気を意識して作りました。

 

キーが低いのか何なのかわかりませんが、ラップパートは低くて歌いずらかったです。

僕は家で作った曲をカラオケに持っていき録音しているのですが、家でボソボソ歌ったメロディーは、カラオケで歌うと高すぎたり低すぎたりすることがたまにありますね。

Bメロ部分のデジタルな感じは気に入っています。

 

まとめ

f:id:automataworks:20210626225043p:plain

というかんじで、今回は歌入りのラップ曲を作ってみました。

またタイミングを見て作っていきたいと思います。では。

 

ロックンロールの曲を作った

前回に引き続き楽曲ネタ。

工作系の紹介をしなくなって久しい当ブログですが、今回も思い立って楽曲制作をしてみたので公開したいと思います。

 

 

mako/もうすぐきっと

 

mako/もうすぐきっと 詞曲:mako

 

青春時代に僕らは何をしちゃったの

朝から晩まで深刻な面して

時計の針よ戻れなんて虚しくなってしまうよ

そんなこと本気で言ってる場合じゃない

 

一瞬の勘違いから

もう一生さよならもある

綱渡りだぜ

 

もうすぐ きっと

楽しいことがおこる

はずだよ

 

愛なき時代に僕らは何を伝えるの

次から次へと出まかせを繋いで

溜息なんかもうつきすぎて何も出てこなくなるだろう

無感情なやり取りに嫌気がさす

 

過ぎ去った背中追いかけたって

何の意味もないよ

ああ一人ぼっちの夜

 

もうすぐ ずっと

欲しかったものつかむ

はずだよ

 

思い出のアルバムの

君の写ったアルバムの

埃をはらっても

もう戻らないのさ

 

もうすぐ ずっと

欲しかったものつかむ

はずだよ

 

もうすぐ きっと

楽しいことがおこる

はずだよ

 

楽曲

10年近く前、学生時代に作っていた曲を再度作り直しました。

ロックンロール的な曲が作りたいと思い、4つくらいのコードで作成。

自分でもよくわかっていませんが、ロックンロールの曲をほぼ丸々引用する形で作ったのできっと確実にロックンロールでしょう。

 

学生時代に作った曲の歌詞をもとに再編しました。

とくに「青春時代に僕らは何をしちゃったの」というワードは気に入っていたのでそこだけ残して、あとはそれに合うように作成。

 

改めて聞くと歌が下手だなと思い載せるのに葛藤がありました。

ただ発表せずイジイジ同じ曲を作り続けるのももったいないので、供養の意味も込めて。

ガレージバンド内のメガホンみたいなマークのボーカルエフェクトを使用したところ、純粋に音が悪く聞き苦しい感じになっているかもしれません。

もともとの音と聞き比べてみて、どちらが聞き苦しいか自分では判断できません…。

サビはパチンコ屋のCMみたいな雰囲気なので気に入っています。

 

まとめ

という感じで、今回はロックンロールの曲を作ってみました。

先にも書いた通り、10年前の思いの供養ができてよかったかなと思います。

まだタイミングを見て作っていきたいと思います。では。

f:id:automataworks:20210530105847p:plain