作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

ロックンロールの曲を作った

前回に引き続き楽曲ネタ。

工作系の紹介をしなくなって久しい当ブログですが、今回も思い立って楽曲制作をしてみたので公開したいと思います。

 

 

mako/もうすぐきっと

 

mako/もうすぐきっと 詞曲:mako

 

青春時代に僕らは何をしちゃったの

朝から晩まで深刻な面して

時計の針よ戻れなんて虚しくなってしまうよ

そんなこと本気で言ってる場合じゃない

 

一瞬の勘違いから

もう一生さよならもある

綱渡りだぜ

 

もうすぐ きっと

楽しいことがおこる

はずだよ

 

愛なき時代に僕らは何を伝えるの

次から次へと出まかせを繋いで

溜息なんかもうつきすぎて何も出てこなくなるだろう

無感情なやり取りに嫌気がさす

 

過ぎ去った背中追いかけたって

何の意味もないよ

ああ一人ぼっちの夜

 

もうすぐ ずっと

欲しかったものつかむ

はずだよ

 

思い出のアルバムの

君の写ったアルバムの

埃をはらっても

もう戻らないのさ

 

もうすぐ ずっと

欲しかったものつかむ

はずだよ

 

もうすぐ きっと

楽しいことがおこる

はずだよ

 

楽曲

10年近く前、学生時代に作っていた曲を再度作り直しました。

ロックンロール的な曲が作りたいと思い、4つくらいのコードで作成。

自分でもよくわかっていませんが、ロックンロールの曲をほぼ丸々引用する形で作ったのできっと確実にロックンロールでしょう。

 

学生時代に作った曲の歌詞をもとに再編しました。

とくに「青春時代に僕らは何をしちゃったの」というワードは気に入っていたのでそこだけ残して、あとはそれに合うように作成。

 

改めて聞くと歌が下手だなと思い載せるのに葛藤がありました。

ただ発表せずイジイジ同じ曲を作り続けるのももったいないので、供養の意味も込めて。

サビはパチンコ屋のCMみたいな雰囲気なので気に入っています。

 

まとめ

という感じで、今回はロックンロールの曲を作ってみました。

先にも書いた通り、10年前の思いの供養ができてよかったかなと思います。

まだタイミングを見て作っていきたいと思います。では。

f:id:automataworks:20210530105847p:plain

ラップの曲を作った

前回に引き続き楽曲ネタ。

工作系の紹介をしなくなって久しい当ブログですが、今回も思い立って楽曲制作をしてみたので公開したいと思います。

 

 

mako/あんまり言うことない

 

 

詞・曲:mako

あんまり言うことない 
君のいないこの街
多分気づいてない
後からくるはずこの感じ

街の影行方知れず長く
当てもなくふける僕は途方に暮れる
今も広い砂漠
思い出のコラージュ
蜃気楼は遠くに揺れる

いるけどいない いないけどいる
人波分ける 先を眺める
声は離れず 顔は薄れる
沈黙の後静かに消えゆくのかな

あんまり言うことない 
君のいないこの街
多分気づいてない
後からくるはずこの感じ

言い訳ばかり 無理目の話題
知らないロックが流れる車内
君の胸に刺さる
古き良きオマージュ
強い風に舵を取られる

いるけどいない いないけどいる
人波分ける 先を眺める
声は離れず 顔は薄れる
また会えるとして話は続くのかな

あんまり言うことない 
君のいないこの街
多分気づいてない
後からくるはずこの感じ

どこでも社会 僕らの病
インスタ ライン 顔の無いギャラリー
まわるこの街 別々の世界
また会えるとしてふたり気がつくのかな

あんまり言うことない 
君のいないこの街
多分気づいてない
後からくるはずこの感じ

 

楽曲

「wenyの『ビッチと会う』みたいな曲が作りたい!」という思いからスタート。

前回キーAで作った楽曲が歌いやすかったので今回も同じくAで作成。

R&Bっぽいと言われているコード進行をそのままループして完成しました。

 

一応思うところはあるのですが、はっきり言うのは恥ずかしいので割愛。

普段から「気に入らねーなー」と思うようなことを恋愛っぽい目線で作ったらこうなりました。

タイトルの通り言うことなかったので繰り返し多めです。

韻は2、3文字の感覚で適度にベタっとなるのが合うのかなと思ってのこれです。

 

 気に入ったので今回もオートチューン使ってます。

歌は2日に分けて取り直してみたのですが、毎回少し物足りなく、キリがなさそうだったのでそのままいきました。

 

まとめ

という感じで今回ラップの楽曲を作ってみました。

 この期間いくつか曲を作ってはいたのですが、どれも知識と技術が足りなくて思うようにいかず。それでも公表しなければ何もしてないのと同じなので今回半ばやけくそな形での投稿でした。

またタイミングを見て作っていきたいと思います。では。

f:id:automataworks:20201121134902p:plain