作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。最近は楽曲制作をやってみています。

ラップの曲を作った

(※7/10 記事を編集していたら、過去の記事が最新記事としてグループ内に上がってきてしまいました。すいません。)

 

前回に引き続き楽曲ネタ。

工作系の紹介をしなくなって久しい当ブログですが、今回も思い立って楽曲制作をしてみたので公開したいと思います。

 

 

mako/僕は君と出会って 

 

 

僕は君と出会って 詞・曲:mako

 

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

 

思い出を作ろう

あたり静まる頃

僕らは眠らないフクロウ

忘れたい不都合ばかり

嫌な病も窓から見る打ち上げ花火

今はまだ良い 消えた後に

帰り道一人の物語

 

いつまでもそこにいたいのに

時間がそれを許さないよ

 

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

 

明るい未来 まだ青二

聞こえてほしい独り言みたい

誰かのエゴの 田舎のメトロ

低い建物 見下ろすレトロタワー

 

君の声届かない夜に

消える言葉もう戻らないよ

 

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

僕は君と出会って

馬鹿な子供になった

そのうち真面目になって

先にのこと気にしだしたのさ

 

楽曲

今回は特に目的もなく作り始めました。

最初はハードコアパンクを作ってみようと思ったのですが、途中で興味がなくなり、シティポップも思うように作れず、最終的にラップが一番作りやすいんじゃないかということで作成。

キーCでコードはどこかで見つけたFM7-E7-Am7-C7という進行を丸ごとループしたものです。

 

 「大人になって先のことも考えるようになったよ」というサビと、昔の思い出のようなAメロラップパートと女々しいBメロで出来ました。

1番のラップパートはdodoというラッパーをイメージして「俺らはしない〇〇」「まるで〇〇」みたいな雰囲気を意識して作りました。

 

キーが低いのか何なのかわかりませんが、ラップパートは低くて歌いずらかったです。

僕は家で作った曲をカラオケに持っていき録音しているのですが、家でボソボソ歌ったメロディーは、カラオケで歌うと高すぎたり低すぎたりすることがたまにありますね。

Bメロ部分のデジタルな感じは気に入っています。

 

まとめ

f:id:automataworks:20210626225043p:plain

というかんじで、今回は歌入りのラップ曲を作ってみました。

またタイミングを見て作っていきたいと思います。では。