作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

恐竜が街を襲うオートマタの作り方

 

ゴジラのようなイメージで、街を襲う恐竜を作ってみました。

 

f:id:automataworks:20171209135343g:plain

 

上部分はワイヤーじゃなくてミニチュアでも難なく再現できそう。

 

  

 

使うもの

0.9mmステン針金

0.7mmスチール針金※1

9cm×3cm×1.5cm木材(3つ)

ビーズ

接着剤

 

ニッパー

ペンチ(丸と角)

メジャー

細いドライバー※2

 

※1 いつも買っている100均の在庫の関係で、実際はスチールも0.9mmです。

普段0.7mmで紹介しているので0.7mmと変換して書いています。

 

特別理由がなければ、スチールは曲げやすい0.7mmをおすすめします。

 

※2 穴あけドリルが無いので細めのプラスとマイナスドライバーで代用してます。

 

f:id:automataworks:20171209135457p:plain

 

 

作り方

 

 

恐竜&街並み

 

f:id:automataworks:20171209135551p:plain

0.7スチールで先に恐竜と街を作ります。

街の長さは木材に合わせて調節。

 

 

動力

 

f:id:automataworks:20171209135618p:plain

凸部分をつけた0.9ステンに、0.7チールで支えを2段巻きつけます。

 

 

土台を作り動力と固定する

 

穴あけ

 

 まずは土台の両端になる木材。

f:id:automataworks:20171209135648p:plain

動力が回っても上に当たらない高さを計測。

f:id:automataworks:20171209135726p:plain

 印を付け、穴を開けます。

 

次に中心の木材。

f:id:automataworks:20171209135754p:plain

f:id:automataworks:20171209135821p:plain

だいたいのところに印を付け、穴あけ。

 

固定

 

f:id:automataworks:20171209135849p:plain

動力を通し、木材同士を接着。

取手を作ったら仕組み部分は完成です。

 

 

恐竜&街並みを土台に接着する

 

f:id:automataworks:20171209140036p:plain

土台の奥に街並みを接着します。

 

f:id:automataworks:20171209140109p:plain

↑のように曲げた0.7スチールを恐竜の足に通し…

f:id:automataworks:20171209140133p:plain

土台に接着します。

 

f:id:automataworks:20171209140203p:plain

尻尾には支えを巻きつけ接着。

 

 

完成

 

f:id:automataworks:20171209140230p:plain

動きやすいよう、微調整をしたら完成です。

 

 

難易度

 ★★★☆☆(ふつう)

 木の厚みのおかげで余計な押さえを作る必要がなく、その分楽です。

足元の固定が不安定だと、横に倒れてしまうので注意。

f:id:automataworks:20171209140254p:plain

 

仕組み左側の空白部分が寂しいので、もうひとつ凸を作ってウルトラマン的なものを置いてもいいかも。

 

 

補足

 

0.9ステンの針金は折り曲げづらい反面、固く頑丈なので、力のかかる動力部分に使用しています。

それ以外の場所は曲げやすさ作りやすさを考慮してスチール針金です。