作れぬならば

ワイヤーオートマタ、ダンボールオートマタ、木工オートマタ、その他工作関係の作り方を紹介するブログ。

エクササイズする人間オートマタ

 

ウォーキングマシンを使って運動する人間を作りました。

 

f:id:automataworks:20171230023820g:plain

 

 

 

使うもの

 

0.9mmステン針金

0.7mmスチール針金

9cm×3cm×1.5cm木材

ビーズ

接着剤

 

ニッパー

ペンチ(丸と角)

メジャー

 

 

作り方

 

人間

上半身 

 

f:id:automataworks:20171229234725p:plain

0.7スチールを使い、頭スタートで腕を作り留めます。

 

f:id:automataworks:20171229234726p:plain

腹を作り留めます。

 

f:id:automataworks:20171229234727p:plain

足を接続するための筒を作ります。

(画像では0.9ステンに巻きつけています)

 

f:id:automataworks:20171229234728p:plain

背中から肩にかけ、腹の前にもってきて留めます。

 

下半身

 

f:id:automataworks:20171229234729p:plainf:id:automataworks:20171229234730p:plain

0.7スチールで足を作ります。

(画像の作り方だと膝部分に少し幅が出てしまいます。嫌な場合は付け根と膝が曲がり、足の先に支えが引っ掛けられる構造であれば何でも大丈夫なのでお好みで変えてください)

 

f:id:automataworks:20171229234731p:plain

上半身と繋いだら人間は完成。

 

 

動力&支え

  

f:id:automataworks:20171229234733p:plain

0.9ステンで交互に出っ張りのある動力を作り、0.7スチールの支えを巻きつけます。

 

 

土台

 

f:id:automataworks:20171229234732p:plain

木材の端寄りに0.9ステンの枠を接着します。

 

 

土台と動力を固定

 

 

f:id:automataworks:20171229234734p:plainf:id:automataworks:20171127210952p:plain

0.7スチールで留め具を作ります。

 

f:id:automataworks:20171229234735p:plain

留め具で動力&支えを土台の枠に固定。

ちょうどいい位置で取手を作ります。

これで仕組みも完成です。

 

 

仕組みと人間を固定 

 

f:id:automataworks:20171229234736p:plain

支えを足の先に巻きつけます。

接着したり、ガッチリ固定しすぎてしまうとうまく動かなくなるので注意。

 

f:id:automataworks:20171229234737p:plain

高さを見ながら土台に0.9ステンの枠を接着。

手と枠は接着します。

 

 

完成

 

f:id:automataworks:20171229234738p:plain

ウォーキングマシンの枠を付けたら完成です。

 

 

難易度

 ★★★☆☆(ふつう)

完成後に細かい調節をして好みの歩き方にしてください。

 

今回はもも上げに近い歩き方です。

後ろに蹴って歩いているような雰囲気を出す場合は、支えをS字に曲げて調節するとそれっぽくなります。

 

車輪をつけて一輪車や自転車の動きにするのもいいかもしれません。

 

補足

 

0.9ステンの針金は折り曲げづらい反面、固く頑丈なので、力のかかる動力と土台の枠部分に使用しています。

それ以外の細かい部分は曲げやすさを考慮して0.7スチール針金です。 

 

訂正あったので再投稿。